×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青い光を吸収する 注目成分、ルテイン

  

緑黄色野菜に多く含まれる「ルテイン」は、カロテノイドの一種で、青い光を吸収する性質があります。

ホウレン草、ブロッコリー、人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれます。

ルテインが不足すると、加齢黄斑変性や白内障などの目の老化が起こりやすくなると言われています。

また、「ルテイン」は、「アントシアニン」、「ゼアキサンチン」などの他のカロテノイドと併せてとると、より効果的です。

私達の身近にあるトラブルの原因

加齢や、紫外線からの影響だけでなく、パソコンやスマートフォンの普及で、私達が想像している以上に身体への負担や疲れを感じやすくなっています。特に、現在は小さい頃からモバイル機器に接している若年層の身体への影響も指摘されています。
パソコンの保有率は70%を持続し、多くの人が仕事やプライベートで利用しています。また、スマートフォンの保有率も急速に増加しています。
国が行った調査によると、スマートフォン利用者のスマートフォンからの1日のインターネット平均利用時間は73.0分でした。
◆虫が飛んでいるように見える方
◆小さい文字が見えずらい方
◆ピントが合いにくい方
◆コリがひどい方

ブルーベリー果実の5倍のアントシアニン

ビルベリーは、ブルーベリーの原生種と言われ 豊富なアントシアニンを含んでいるのが特徴です。
アントシアニンはポリフェノールの一種で、紫外線を浴びることなどによって発生する 活性酵素の働きを抑制する作用があるといわれています。
ビルベリースカットに含まれているアントシアニンは通常ブルーベリー果実の5倍以上 含まれている北欧産野生種ビルベリーの由来です。
1日目安量6粒で通常ブルーベリー果実換算で、約84個分のアントシアニンを摂ることができます。